A-Goalプロジェクト 活動レポート

A-GOALプロジェクトがナイジェリア・ラゴスで緊急支援を実施!Jリーグクラブも協力!

当社が連携しているA-Goalプロジェクトの活動レポートをご紹介しております。

– – – – – – –

A-GOALプロジェクトは7月9日、ナイジェリアで初めてとなる支援をラゴス、イルペジュ地区で実施しました。支援国としてナイジェリアはケニアに続いて2カ国目。今回の支援は、サッカーJ3リーグに所属し、ナイジェリア人のオニエ・オゴチュクウ・プロミス選手が所属する「Y.S.C.C.横浜」による寄付により実施しました。オニエ選手を高校生時代に日本に招聘した「TAIYO株式会社」の現地代表で、今回のプロジェクトリーダーである、イシオマ・ンアブエゼさんは「希望を失いかけていた人を笑顔にできた」と喜びを語ります。

ナイジェリアのバスケットボールクラブが協力

A-GOALプロジェクトは今回、コロナ危機に苦しむ50世帯230人に米、トウモロコシの粉、食用油、塩といった食材と感染予防のための石けんを配布しました。1世帯につき約3000ナイラ(約1000円)、1〜2週間分にあたります。

今回の支援物資

今回の支援でハブとして協力したのが、現地のスポーツクラブ「ニューソング・スポーツアカデミー(NSSA)」です。NSSAは100人をこえる子どもたちにバスケットボールを教えています。TAIYO株式会社が実施する「アスリート留学生プロジェクト」では、このクラブを経て、スポーツ特待生として日本に留学したり、プロとして活躍したりする選手もいます。 支援を実施するにあたり、彼らはクラブメンバーの家族で生活に苦しんでいる30世帯と、クラブメンバー以外の20世帯を選び出しました。その中には道で物ごいをする家族や地域の道路を無償で掃除する親、バスケットコートの警備員の家族も含まれます。 支援当日、ニューソング・スポーツアカデミーは受益者を2グループに分け、時間をずらして物資配布を行いました。場所はいつも使っている野外のバスケットコート。三密を避け、感染が広がらないようにする工夫です。 支援を受け取った人からは「支援してくれて、ありがとう」、「コミュニティーに希望を与えた」といったポジティブな言葉が寄せられました。NSSAのヘッドコーチ、オラクンレ・オグンラナさんも「先進国の人たちも私たちのことを心配し、共に良い社会を作っていこうと考えていることが知れてうれしかった」と喜びを語ります。

バスケットボールコートで支援を受け取る住人

プロジェクト用のポロシャツも作成

今回の支援で現場の指揮をとったのが、日系企業TAIYOのナイジェリア事務所代表のイシオマさんです。6月中旬、コロナウイルスの影響で国中に閉塞感が広がるなか、イシオマさんはTAIYOの伊藤政則社長からA-GOALプロジェクトの話を聞き、進んでプロジェクトリーダーになりました。 イシオマさんは、以前から関わりのあるNSSAと連絡を取り、コーチたちと一緒に支援計画を作成しました。配布前日には、イルペジュから遠く離れたマーケットに行き、食料や石けんを安く購入。世帯ごとに分けました。支援当日は、リストアップした受益者名を確認したり、手洗い場を設置したりするなど、円滑な運営に貢献しました。 スポンサーへの配慮と現地メンバーの一体感をつくるため、プロジェクト用にポロシャツも作りました。シャツの中央に「A-GOAL Nigeria」のロゴ、胸にナイジェリアオリンピック委員会とTAIYOのロゴ、そして左裾には今回のメインスポンサーであるサッカーJ3の「Y.S.C.C.横浜」のロゴがついています。ポロシャツのカラーは桜をイメージしてピンク色。イシオマさんはこれをTAIYOナイジェリア事務所の予算から捻出しました。 イシオマさんは「コロナの影響で多くの人が苦しんでいる。そんな中、先頭に立って支援活動ができることを嬉しく思う」と語ります。

ピンク色のパーカーを着るイシオマさん(右)と 支援にかけつけてくれた走り幅跳び元ナイジェリア代表でオリンピック金メダリストのチオマ・アジュンワさん(左)

コロナで43%が失業

ナイジェリアの人々を苦しめるのが、政府が3月下旬に実施した外出禁止措置です。医療従事者や食料販売などの必須業種を除き、全ての人々の移動と経済活動が制限されました。ナイジェリアのニュース、ナイラメトリックスによると、以前仕事のあった人のうち、42%がこのコロナ危機中に仕事を失い、約80%の家庭が収入を減らしたとのことです。6月に外出禁止措置は徐々に緩和されましたが、現在も夜10時から朝方4時までは外出禁止です。 これにより問題になっているのが食料の確保です。ナイジェリア国家統計局の報告によると、51%の世帯が食事の量や回数を減らしました。「ほとんどの家庭が1日1回、多くて2回しか食事をとれていない」とイシオマさんも嘆いています。 人々を苦しめるもう一つの原因が政府の汚職です。ある調査によるとナイジェリアでは1960年の独立から2012年の間に石油収入の約4兆米ドルが汚職により消えたといいます。世界の汚職を調査するトランスパレンシー・インターナショナルの汚職ランキングによるとナイジェリアは180カ国中146位(2019年)。イギリスのデビッド・キャメロン元首相は「ナイジェリアは想像できないほど腐敗している(Fantastically corrupt)」という言葉を残しています。 度重なる汚職により、政府の支援措置に期待する声はほとんどありません。「政府は1000億ナイラ(約330億円)の特別予算を組んで国民全員に2万ナイラ(6600円)を支給すると言っているが、どこまでおわれるかは疑わしい」とナイジェリアの独立メディア「バンガード」は悲観します。NSSAのオラクンレコーチも「国民全員に10万円が確実に支給される日本が羨ましいよ」とナイジェリア政府を皮肉ります。 コロナによる失業と政府の汚職に苦しむナイジェリアの人々。だからこそ今回のA-GOALプロジェクトは現地に大きなインパクトを与えました。 「人々は仕事もなく、政府からのサポートも期待できず、希望を失っていました。そんな中、支援により食べものを届けるだけでなく、人々に『サポートをしてくれる人がいる』という希望を与えることができた」 と、イシオマさんは語ります。

今回プロジェクトに協力してくれたスタッフ

支援受付中!

A-GOALプロジェクトは、今後もナイジェリアを始めアフリカ諸国のスポーツクラブと協力し、コロナ緊急支援を実施していきます。 そのために、現在寄付金を募集しています。 https://spin-project.org/projects/44 またこちらでも寄付を受け付けております。

<口座振り込み>

  • ゆうちょ銀行 店番:138  店名:一三八店
  • 普通預金 口座番号:1274051
  • 口座名義:オフィスキシ
  • (記号:11310、口座番号:12740511)

※支援金の10%をプロジェクトの運営経費(送金手数料・サイト登録費など) 寄付していただいた方で、今後プロジェクトに関する情報の配信を希望される方は、お名前(匿名可)・メールアドレスなどをこちらのフォームよりご記入ください。 皆様、ご協力をお願いします。

プロジェクトメンバー(ボランティア)募集中

アフリカ現地に行くことが難しい中で、A-GOALプロジェクトでは、約80名のメンバーと現地スポーツクラブの指導者がオンラインコミュニケーションツールを活用しながらプロジェクトを運営しています。 本プロジェクトを共に運営していただけるメンバー(ボランティア)を募集しています。 こちらのフォームよりご登録ください。 プロジェクトに興味がある方、アフリカに興味がある方、スポーツを通した国際協力に興味がある方、ぜひ私たちと一緒にこのプロジェクトを進めていきましょう。

 

プロジェクトメンバー 岸卓巨((一社)アフリカクエスト理事、NPO法人サロン2002事務局長)/小林勉(中央大学総合政策学部教授)/林恒宏(大正大学地域創生学部地域創生学科准教授、(一社)ピースボールアクション代表理事)/福居恭平(KAI GLOBAL LTD、ケニア在住)/森下仁道(元ザンビアプロサッカー選手、筑波大学、第5回トビタテ留学JAPAN最優秀賞受賞)/青柳直希(JICAマラウイ事務所、Ai-Hub、世界に飛び出す日本人)/土屋雅人(SOLTILO株式会社 AFRICA DREAM SOCCER TOUR コーチ)/久世将寛/山口恵里佳/杉山弘樹/笹田健史(龍谷大学 Strength & Conditioning Coach, NPOメディア ganas 記者)/山口紗都美(青年海外協力隊2019-03次隊ジンバブエ・サッカー隊員(派遣前待機中)、Little Bridge Japanインターン、actcoin運営メンバー)/長塚灯(大正大学 地域創生学科3年 (林ゼミ所属))/辻英剛(Numba Solutions(個人事業・ザンビア))/佐藤陽俊(株式会社スクールウィズ)/赤尾邦和(国際移住機関(IOM)シエラレオネ事務所)/樽井翔大/鈴木由里花(中央大学 総合政策学部3年)/蕪山乃菜(中央大学 総合政策学部3年(小林ゼミ所属))/遠藤暁(青年海外協力隊(任期は2018年6月〜2020年6月まで))/沖田咲(元カンボジア水泳連盟)/杉山麻依子/二村元基(SOLTILO株式会社)/増澤尚享(JICA海外協力隊 2021年度カンボジア派遣 サッカー隊員(一時帰国中))/野口亜弥(S.C.P. Japan・共同代表 順天堂大学スポーツ健康科学部・助教)/青山啓二(クラーク記念国際高等学校横浜キャンパスグローバルスポーツ専攻長)/石丸泰大(東京大学文科三類1年 体育会サッカー部)/中塚義実(筑波大学附属高等学校保健体育科教諭・蹴球部顧問、NPO法人サロン2002 理事長)/宮嶋泰子(スポーツ文化ジャーナリスト)/糸数温子(一般社団法人daimon)/山本歩(Kenya Fruits Solutions・Love & Meals ltd.)/松本義和(MAXY LTD)/松尾雄大(日本ブラインドサッカー協会)/平野裕人(日本電気株式会社、国際障がい者活躍社会創造協会副代表理事兼広報、NECボッチャ部、日本ボッチャ協会登録選手、価値観ババ抜きインストラクター)/冨田英司(バックステージ法律事務所、同志社大学スポーツ健康科学部客員教授、龍谷大学教学部非常勤講師、大学スポーツコンソーシアムKANSAI理事)/江川真唯(上智大学総合グローバル学部)/河野雄太((株)東海理化、東京オリンピック・パラリンピック組織委員会、大分-カメルーン友好協会)/牛玖真保(青年海外協力隊 2018年度3次隊 ラオス 体育隊員(一時帰国中))/小野かいり(郁文館グローバル高等学校)/呉夕蘭(郁文館グローバル高等学校)/草苅康子(東京大学大学院新領域創成科学研究科特任研究員、世界銀行東京防災ハブコンサルタント、日本マラウイ協会理事)/野村翼(郁文館グローバル高等学校)/竹田憲一(NPOシブヤ大学、NGO,NPOワールドランナーズ・ジャパン、PMI日本支部ソーシャル・プロジェクト・マネージメント研究会)/新美裕大(慶應義塾大学経済学部)/遠藤龍輝(スポーツ選手)/稲留亜佑美(SOLTILO UGANDA Ltd、SOLTILO BrightStars FC 広報兼現地マネージャー)/細川鼓実(郁文館グローバル高等学校)/西村日向(筑波大学大学院修士課程スポーツ国際開発学専攻、JICA海外協力隊(ルワンダ 陸上競技コーチ(一時帰国中))/柳田主税(株式会社ChiMa Sports Promotion Japan 代表)/石丸優子/明石健一(創価大学)/伊藤煌耀(郁文館グローバル高等学校)/大場由太(SOLTILO UGANDA Ltd. 代表、SOLTILO BrightStars FC ゼネラルマネージャー)/河合季信(筑波大学体育系)/横田知佳(元実業団マラソン選手)/新部遥希(特定非営利活動法人日本ブラインドサッカー協会(JBFA)、特定非営利活動法人国際障害者スポーツ写真連絡協議会(パラフォト))/伊藤政則(TAIYO株式会社 代表、小山市国際交流顧問、東京オリ・パラ小山市推進委員会委員及び専門委員会委員)/安藤 裕一(GMSSヒューマンラボ 代表取締役・医師)/相良優子(英語/日本語講師、心理カウンセラー、個人事業主)/岡澤宏(東京農業大学教授)/早川直子/内藤優和(JICAアフリカ部)/藤田裕二(創価大学経済学部3年)/神谷仁(東京学芸大学芸術系、家庭教師、通訳) など 約70名 (2020年8月6日) (順不同)